FC2ブログ

刀鍛冶の日々

難解鋼

 昨日の試作鋼は、折り返し切断のたがねも割れる程硬く、大型ダンプのスプリングたがねで切断しなければならない。
 銑に近い炭素量なので、強く沸かすと鋼が崩れるので、弱い温度で沸かすと鍛接が悪く膨れが出るので膨れを切り取り、再度の沸かしを行うので、通常の2倍の炭を使わねばならなく時間も要す。今の所原因不明。
 次のたたら製鉄に備えて、赤目砂鉄を久し振りに使ってみたくて、炉の上で乾燥させて選別。粒子は北國産の様に大きい。砂鉄の混合比率が少し違うと全く異なる鋼になるが、古刀期の地金を目指すには、全ての砂鉄を実験しなければならない。
 現代の玉鋼や、江戸時代の鋼は、慶長期以前の製鉄方法ではない。文献資料が無いので製鉄方法は不明であるが、古代から磁鉄鉱石と砂鉄を使ったのが、日本の製鉄方法である。
 弟子も居なく一人になったので、もう少し地金を研究した、刀を残したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/4091-3b86d069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者