FC2ブログ

刀鍛冶の日々

苦労の研ぎ

 北國産の砂鉄は炭素量が高く、仕上げ研ぎになると刃先が細かくポロつき、刃先の焼き戻しをして紙を切り硬さをたしかめながら、何度も何度も焼き戻しと研ぎ直しを半日も繰り返す。最後の試し切りの時は誤って指を切り、血が噴き出して止まらず。自分の指で試し切りをするとは思わず(笑)
 包丁の地金は他の少し柔らかい鋼を混合して、鍛錬をするのがよさそうである。包丁も後10本程で終る。
 包丁も1年間程で、砂鉄を1トンも使用し残り少なくなる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/4010-56e8fd0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者