刀鍛冶の日々

早出

 弟子は休みだし、曇り空なので涼しく一人で早出。昼迄に包丁2本を鍛えて焼入れ。
 午後はベルトサンダーで荒研ぎをして、平田君に研ぎを任す。
 週末の無料見学会用に、小粒の鋼を纏める降し金を夕方迄する。
 今年の夏は昨年と同じく午前中のみ、包丁の研ぎとなる予定なので、7,8月分の包丁注文数だけを鍛えて焼入れ迄進めて置きたいと思っている。
 弟子の造った最後の包丁をオークションに出して、御買上げ頂き、皆様から励まされて感謝しています。今、彼女は一人で包丁の地金鍛錬に取り組んでいます。刀の地金も包丁の地金も同一の鋼であり、日本産砂鉄の玉鋼を使う者は全國でも少なく、貴重な玉鋼を包丁にするのも当伝習所だけであり、江戸時代と同じ包丁の技術も、後世に伝えなければならないと思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3945-b28e1e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者