刀鍛冶の日々

長き一日

 朝5時の目覚めと少し遅いが、急いで鍛錬所で砂鉄投入。昼には炉を解体。25キロの砂鉄で9キロの鋼を得る。
 前々回は炉内が1400度で銑鉄となり、降し金の手間が入ったので、今日は最新のレーザー温度計を使い温度調整を行い、上手く北國産砂鉄を纏める。
 炉解体後、直に九州産砂鉄を投入。25キロの砂鉄で12キロの玉鋼を得る。午後は操業後で炉が熱く歩留りも良かった。
 休日に朝早くから家を出るので、やはり弟子が居ないと無理をすると妻に言われる。
          歌三首
  (1)ごうごうと   炎は高く   炭燃ゆる
      砂鉄撒く手も   しばし休むる
  (2)吹く風は    瀬戸内からの   南風
      鍛冶場にも   夏迎ゆる風よ
   (3)諸々の    花咲きいずる   この庭に
      遅き春の日   ながむる桜
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3872-4186e616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者