刀鍛冶の日々

焼入れ

 昨日の火造り後の内面応力は抜け、刀身にも曲がりがないので直にせん、やすりがけを見学してもらう。
 午後はフランスからの取材の打ち合わせ後、土置き、焼入れ。小さな湯船を使ったので、元に一寸程水影が出る。これで良いかとも思うが、再度土置きをして刀用の大きな湯船で焼入れ、最初より刃文の出来は良く安堵感に浸る。
 弟子に初めての焼入れを失敗無く見せる事が出来た。弟子であっても見られていると緊張するものである。
       弟子の一言
    親方でも緊張なさるのだなと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3869-3f2b1795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者