刀鍛冶の日々

金屋子神社へ

 妻と弟子との3人で雨の中を金屋子神社に参拝。年齢的に恐らく最後の弟子と思われる。それに女性として初の弟子が、5年間頑張って刀工に成れる事を御願いする。
 70歳が刀工としての一区切りと思っていた。今年は弟子2人が鍛冶場を建設。残った平田君も夏位には独立する。無理をしなければ弟子の育成はまだ出来る資金も有る。
 民族の魂を守れる後継者を一人でも多く残すのが、國家に対する忠義である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3865-810bdbcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者