刀鍛冶の日々

雨の日

 夜明け前から雨は激しく降る。雨音を聞きながら1日眠る。時折目覚めるが又眠る。
 昨年の秋から刀と包丁の注文が重なっており、随分と無理が続いたので生身の体が音を上げだしたのだろう。毎週1回休みだしたが、仕事の内容が厳し過ぎるので休憩時間も取り、体を休めないと後十年位は現役が務まらない。
 弟子が独立する迄は親方の責任である。3月末には愈々最後の弟子が入門する。体を大切にしなければ、親方も弟子に対する責任が果たせたくなる。背中も腰も痛むので、明日の焼入れが心配である。
 雨音を聞きながら浅い眠りに着く。浅い眠りは長く続かなく、もう十年もそれ以上も前に親子の縁が切れている子供たちの夢も見る。
 私には孫が居ない。それだけに入門して来る弟子は孫の年齢になる。そして刀鍛冶の道を歩んでくれる。血を分けた親子以上の師弟の道になる。入門すれば金屋季神社に妻と三人揃って。弟子が刀鍛冶になれる事を御願いに参拝したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3851-4437d19b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者