刀鍛冶の日々

刀失敗

 1月より正味2週間程かけて造った刀の火造りが終り、せん、やすりがけが終る頃になって幅1ミリ、長さ1センチ程の傷が刃先に出る。削って見ると、鋼の中に鉱滓が含まれての傷である。恐らく製鉄時に鋼の中に残ったものと思われる。
 自家製の玉鋼は粘るので、焼入れをしても割れないので、選別が出来なく丸鍛えで、これが自家製鋼の大きな欠点である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3832-084e339e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者