刀鍛冶の日々

万事休す

 右首、肩、肘が痛くて刀の火造りを止めてたたら製鉄。
 沢山の砂鉄が集まり、その砂鉄をどうやって包丁用の鋼に変えるのかが大きな問題で、2月は配合砂鉄を変えながらの玉鋼造り。
 たたら炉の羽口を最近平田君に取り替えさせていたが、ネジが締まっていなかった様で、製鉄途中羽口が炉の中に落ちる。砂鉄が還元して鋼になり、鉱滓が浮いている状態なので直に炉を解体するが、羽口もネジ山も鉱滓まみれで修理出来ないかも知れない。製鉄途中で十分に出来ていない鋼を砕き、火床で降し金にして6キロの包丁には硬すぎる玉鋼を得る。
 独立する弟子の為に、砂鉄の配合試験を重ねておけばきっと役立つと思う。鋼は沢山有るので炉の修理は当分先となる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3830-5add8814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者