刀鍛冶の日々

皮鉄鍛錬

 朝より炭素量の低い梃台に、北國産砂鉄を積み沸かし。火力を高めて酸化鉄を燃やしたのが良かった様で、材料は減るが折り返し鍛錬は調子良く、11時には7回下鍛えを終る。
 鋼の表面を削って硝酸を付けると面白い鍛肌。昨日焼入れをした混合の北國鋼の包丁1本を荒研ぎをすると、これも鍛肌は大和伝に似て、二重刃、三重刃と荒沸が付く。
 明日は北國産砂鉄と中國、九州地方の砂鉄を混合して吹けば、炭素量は頃合いとなる予定。
 午後の鍛錬は中止してたたら炉の解体、塗り直し、砂鉄の混合を済まし夕方迄たたら製鉄用の炭切。3種混合で北國産砂鉄を上手く纏めれば、不足する包丁にも転用出来る。
 何とか砂鉄不足を北國産砂鉄で解消したいものである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3816-601fb658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者