刀鍛冶の日々

読書

 午前中に荷造り、発送を済ませ、午後は昨日送って頂いた製鉄の本に目を通す。
 趣味や研究で製鉄から玉鋼を造っている方も多いが、これで生計を立てる鍛冶屋は如何にして、炭の消費を少なく、質の良い鋼の歩留りを多くするかに苦労して、多くの砂鉄を分析し、1年間に平均50回程のたたら製鉄をし、包丁や刀を造る。玉鋼を製品化する事によって始めて鋼造りに成功したと言える。
 刀鍛冶にとって刀に成らない玉鋼では生計が成り立たない。素人の方の玉鋼造りの研究を本で読むと、私もかつては同じ事をしていたと思うが、職人の場合は製鉄の操業回数が多いので、練度は上がり作品になる。最近は鉄の本も沢山出ているので、参考になる点も多少ある。
 FAXが故障して直らず、3台目の電話機を買う。メールも打てず、パソコンも使えないので大事な電話である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3651-a17d58a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者