刀鍛冶の日々

特注焼入れ

 昨日の視察疲れは有るが、特注の結婚記念包丁を火造り、焼入れをして荒研ぎ。複数の玉鋼を組み合わしているので、鍛え肌は刀の地金より鮮明。第二作は明日より始める。
 今海外への輸出業者と価格の話し合いを行っているが、玉鋼包丁は一般の刃物鋼と原価が違うし、日本刀の研ぎ師に頼み刀と同じ仕上げにするので、職人用は大変な高価格となる。
 私としては、私が最後の研ぎ、柄付け迄をした包丁が実用的で安いと思われる。職人用の高価な包丁より、一般的な家庭用日本刀包丁が広く出回った方が、メイドイン・ジャパンの宣伝になるのではないかと思う。
 連日の高温では、刀造りよりも包丁造りが体に楽である。猛暑の間、しばし包丁造りで体を労りたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3631-bfef0e64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者