刀鍛冶の日々

見学の日

 山本君の刀身、中心仕立て、宗近君の短刀、素延べ、火造りを椅子に腰掛けて見学。仕事の一区切り毎にチェックして、悪い所を指摘して修正の繰り返しの一日を過ごす。刀工の許可を取っても、刀工で生活が成り立たないので、サラリーマンをしながらの日曜鍛冶を全員が続けている。
 そんな中でも専業の刀工を目指し、菊池君が鍛錬所を建設中。岡山県内でも金沢君が建設場所をやっと決める。少しでも専業の刀工に近づきつつある。伝習所を出た誰かが独立して、又弟子を育てないと日本の伝統文化は滅びる。40年近く弟子を育てたが、鍛冶場を建て専業の刀工で生活出来ると思われる者は2~3名が限度ではないかと思われる。
 独立して刀の注文が無ければ、私の様に砂鉄から玉鋼を造り、日本刀包丁を造れば実用品なので売れる。刀の注文が有る迄は、実験を兼ねた包丁造りで何とか凌いで刀工を続けて欲しい。
 私も目の痛みも、首からの右手の痺れも和らいたので、後に続く弟子をもう少し育てたいと思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3627-647042ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者