刀鍛冶の日々

信念の継続

 昨夜の大雨で一日涼しく、皮鉄と心鉄の造り込み迄完了。
 これで秋迄、刀の鍛錬はしなくて済みそうである。注文の刀は2月に弟子が一人前に成るのを前に辞めてから、一人でずっと造り込み迄進めて、夏は火造り、焼入れ製作が出来る様に、注文順に揃えている。
 常々残ってアルバイトをしている平田君に、何時迄も包丁ばかりを造っていては、包丁鍛冶にはなれても刀鍛冶にはなれないので、刀を造れと2日前に言った。入門11年で短刀一振りを登録しただけである。今年は刀を六振りは造れと言ったところ、七振りは造りますとの返事で有った。
 仕事が終わった帰り際「弟子が欲しいのですか?」と尋ねたので、「38年間に渡り時間と鉄、炭を無料で与え、刀工資格を14人に取らせたが、誰一人として専業の刀工は居ない。弟子それぞれに事情は有るが、入門した時の信念を持ち続ける事、努力、工夫が無いので、刀造りの伝統を守る者が居ないので、民族の魂を本気で守る新たな弟子を取る以外無い」と言った。
 私は折れず、曲がらず、良く斬れ、尚美しい日本刀を、日本産の砂鉄で造る刀工を残したいので、老骨に鞭打って、弟子を再度育てる事にしたのである。
スポンサーサイト

コメント

初めまして、ブログを読ませて頂いております。ところで日本産の砂鉄と最近書かれていますが上田さんはその他の刀鍛冶全てを否定しているように感じられます、それはあなたの師匠の河内国平さんも否定しているように捉えられ失礼です。ブログを読む限りそのような捉え方をする人もいるのであまり書かれないほうがいいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3610-bdbf2b25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者