刀鍛冶の日々

利用方法

 刀に傷が出た時は1寸位に切断して、鍛錬中の梃補強に利用するか、傷の無い所を積み沸かして心鉄に混入して決して無駄にしない。
 昨日の短刀は刃切れが無くなる迄身幅を減らし、重ねを落として狩猟用の皮剥ぎと肉裁きを兼ねたナイフに改造する。
 短刀は4キロの鋼と炭6俵を使用しており、販売しても材料代と外装代がやっと出る程度だが、折角造った作は形を変えても残したい。
 後世、作者の刀以外に包丁やナイフが、時代を経て発見されるのも楽しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3579-28e61301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者