刀鍛冶の日々

銘切

首の脊椎を痛めてより、大きな手鎚で太鏨による銘切が出来なかったが、今日は平田君に刀を持ってもらい、以前の様に大きな線で故郷からの注文刀に銘を切る。細鏨で切り、打立てをいれると銘が上手に見えるが、力強さに欠ける。
 刀の銘は本人のサインであるが、小さな銘は後世消される事が有るので、太い線で鎬筋にかけて注文主の銘を入れて置けば、転売されずその家の家宝となる。一生懸命の作なので持ち続けて欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3575-d3a70985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者