刀鍛冶の日々

調子戻る

 今日も火床の羽口が悪く悪戦苦闘するも、最後の折り返しになってやっと調子が戻り、鋼の沸きは良くなる。リスクが高いので、皮鉄を二振り分に分けておけば、どちらからが刀になるのではないかと思う。
 折り返し鍛錬で鋼の表面が液体になる寸前で叩いて圧接するが、温度が十分でなければ傷になる。自家製鋼は粘りが有るので、小割にして積み沸かしをかけての脱炭の必要はないので作業は早い。
 しかしどうして火床の調子が悪かったのかは不明である。羽口の前で鋼の沸かしが出来なく、温度が不十分で有ったので心鉄と併せての造り込みの沸かしを十二分にして、何とか二振り共に世に出したいものである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3557-87a65a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者