刀鍛冶の日々

鍛錬は続く

 奉納用予定玉鋼3個を見比べて、炭素量の一番高い第一回目の玉鋼を、奉納する事と決定した。
 これで心置きなく刀の地金鍛錬へ進む。体力的には昼迄の鍛錬が精一杯であり、無理をすると連日の鍛錬が出来ない事になる。
 性質の違う玉鋼を鍛えるのは楽しい。その砂鉄の特徴により、沸き具合や膨れの有無、鋼の粘りが違っている。日本産砂鉄は炭素量が高くても、折り返し鍛錬が出来る鍛伸性が有る。外國産砂鉄は日本産砂鉄に含まれていない物質が含まれているので、鍛伸性も劣り実用性にも劣る。そんな玉鋼で刀を造るのだから、刀が折れて当然である。
 自家製玉鋼を造る事は大変難しくて、先例が少ない事である。伝習所の弟子はたたら製鉄で玉鋼を造る事は出来るが、経験が少ないので中々刀にならない。
 私も年間30~50回位はたたら製鉄を行い、地金の研究をするが面白くて仕方が無い。その成果を今日も鍛錬で一人楽しんでいる。
 午後は明日の鍛錬に備えて炭切。炭の配合と鍛錬方法を変えて、ずっと鋼の下鍛えをしているが、暑くなる迄に5振り程の刀を素延べ迄進めておけば、夏にも楽な火造り、焼入れ迄出来て注文にも応える事が出来る。
 一人仕事になっているので、1週間毎の予定書きを作って順調に進んでいる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3546-44c29d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者