刀鍛冶の日々

桜乱舞

 午前中に次の注文刀用の玉鋼3個(45キロ)を、真白くなる迄火床で焼いて一人で切断。両手は切断振動で痺れる。
 昨夜テレビで山頂の桜並木1.5キロが満開のニュースを見ていたので、妻と二人で桜見物へ。桜の種類も多く、枝垂桜並木は素晴らしかった。染井吉野の桜は風に桜吹雪とこれも素晴らしい。
 大木の山桜も満開。「敷島の 大和心を 人問わば 朝日に匂う 山櫻花」本居宣長先生の歌を想う。
 長い冬を耐えて一瞬に咲き、一瞬に散る桜を日本人の心として来た祖先の気持ちを考える。
 実用刀を求めて長い間斬試刀を造り、やっと自信が出来たので、全國の砂鉄で地金を自分の物にして満開となり、散り行く桜の如く一瞬に刀工生活の終わりを迎え様としている。刀剣製作の依頼も多く、出来る限り散る前の作を多く残したい。
 私も70歳迄刀を打てるとは思いもよらなかったし、ここ迄砂鉄の研究に成果を出す事も思わなかった。
 今、私も満開を迎えたのは全て金屋子神社の大神様の御蔭と深く感謝。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3532-c2f0db48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者