刀鍛冶の日々

花見

 短刀の焼入れ後、鍛冶研ぎ。近所の公園では桜が咲いている。
 焼入れが終り一安心したので、公園で桜を眺めながら一人で昼食。毎年桜の頃は弟子と花見をして来たものである。展示場に大きく引き伸ばした写真の半分の弟子が刀工を辞めた。今頃どんな人生を過ごしているかと思いながら、久し振りにカンビールを飲む。
 人生は一度きり。桜花の様にパッと咲いてパッと散るのが一生で短い。その短い人生を如何にして悔いの無い一生にするかである。私も人生の殆どを刀造りに賭け、桜が風邪に散る様に人生も散る寸前に達している。
 弟子も居なくなり、鍛冶場の平日は一人きりになるが、時間は十分有る。毎日毎日を砂鉄よりの集大成として、刀造りに打ち込める有難さに感謝している。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3525-64db7d51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者