刀鍛冶の日々

69歳終わる

 疲れがたまり過ぎているので、今日は1日を布団の中で浅い夢を繰り返し見ながら寝る。
 明日は刀に土置きをして焼入れなので、尚更心身共に元気でなければならない。休んだのでやっと夕方には右肩の痛みも、手の痺れも消えた。やはり毎週一回は休日を確実に休まなければ、体が悲鳴を上げる。
 気持ちは若いが体が付いてこない年に成った事をつくづと思う。それもそのはずで、今日は60台も終り明日は70歳を迎える69歳最後の日である。
 昭和22年3月28日、南國土佐と言っても大雪の降る四國山脈の中、高知県土佐郡土佐町の寒村で生を受けた。理由あって17歳で故郷を去る。
 学校を卒業後、一時建設会社で働いたが、どうしても刀鍛冶に成りたくて刀工入門。当時は現代の様に玉鋼も無く、江戸時代の古鉄で玉鋼を造らなければならない時であり、古鉄集めも苦労した時代であた。 
 振り返れば長い様で短い年月でもう明日は70歳になる。人間の寿命は判らないが、毎日毎日が今日で終りと思って努力、工夫をした刀を人生に残さなければならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3517-907ccc7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者