刀鍛冶の日々

的中

 やはり思いは当っていた。選別されて細かく切った硬い炭は、岩手県産の炭より火力が強く、出来た鋼は炭素量も高く前回よりも品質は良い。良く燃えるので炭の量は多少多目に必要。昼のたたら炉解体は平田君が手伝ってくれたので楽で有った。
 午後はたたら炉の塗り直しと組み立て、炭の選別と炭切、品質の劣る炭はたたら炉の予熱に使用。今迄の岡山産の松炭よりも火力が高く、選別すれば岩手産松炭と混ぜても使用出来そうである。
 砂鉄は30キロで10キロの玉鋼が出来る。包丁用と思っていたが刀用の備蓄とする。一人でたたら操業は体力の限界を感じるので、明日で終る予定。
 毎夜風呂上りに60個程せんねん灸を据えるのと、週2回の整体のお陰で体力をつないでいる。
スポンサーサイト

コメント

突然のコメントで失礼します。もう何年前になるか、たまたま立ち寄った備前長船で日本刀傳習所というのがあるのを知り、いきなり訪問させて頂きました。何のアポイントも取らず訪問した素人の私たちに上田先生は丁寧に日本刀のことを説明して下さいました。作業も見学させて頂き、限られた時間ではありましたが、先生の日本刀にかける強い情熱や信念、お弟子さんたちに対する想いに接し、日本刀の素晴らしさを肌で感じて帰りました。父親がその話を聞いて是非に見学をさせてもらいたいと言っていましたが、機会を失い、今度お伺いしたいと思いホームページを見ていたらこのブログを見つけました。見学会はもうやめられた知って誠に残念ですが、今も意気高く日本刀の研究に打ち込まれてらっしゃると知って嬉しく思いました。伝統を守ることは本当に大変なことだと思います。先生と共に日本の魂があり続けることは、私たちに力を与えてくれているように思います。どうぞお体をご自愛頂き、これからも日本刀の素晴らしさを伝えていって下さい。
思わずいろんなことを書いてしまいましたが、ここにそぐわなければ削除お願いします。長文・乱文失礼しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3492-0f657a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者