刀鍛冶の日々

出発

 午前中は注文包丁の製作。午後雪の中で明日のたたら製鉄用の炭を6俵切る。たたらの解体と土塗りを済まし砂鉄の配合をすると5時過ぎ。
 たたら製鉄は炉の壁土が、けらの成長を助けると言うのが常識で有るが、炉の温度を上げると壁の中のアルミの酸化物アルミナが鋼に入り、鍛伸性は落ちる。壁土は玉鋼が炉に密着しない程度にすれば、ノロの排出量も少なく、鋼は歩留量が多い事が最近判明して来た。たたら用の炭も変え一酸化炭素を多く出すと還元も良く、鋼も纏まり酸化鉄が原因の膨れも減る。
 弟子が居なく一人仕事なので、思考時間も増えたので研究は進む。
 楽しくて仕方のない第二の人生の出発日である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3474-060dd7c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者