刀鍛冶の日々

最後の日

 去り行く弟子が銘切を終えて、これで36年間に及ぶ後継者育成も全て終わる。
 文化庁の刀工試験合格者14名中何とか6名が刀造りを続けている。この中でも今年は2名が鍛冶場を建設して、専業の刀工と成る予定。しかし生活が成り立つかは不明である。
 日本の伝統文化を守る事は並大抵の信念では出来ない。刀と心中する気持ちが無ければならない。
 私に伝統を受け継ぐ使命が有れば何とか道を切り開ける事を、金屋子の大神様に拝み続け弟子を育成した。神様の御蔭と深く感謝して、月参りを続けている。
 独立する弟子も、そうでない弟子も、鉄の祖神金屋子神社に参拝して、民族の魂を受け継ぐ赤心報國の誠を祈らねば、刀鍛冶には成れない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3464-14c85a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者