刀鍛冶の日々

最後の仕事

 去り行く弟子の仕事を見る。刀身は蛇が這った様に曲がり、捩れている。刀工として最後の仕事なので、欠点を指摘して正確に直す事を求める。
 今夜の焼入れは平田君に任せて帰る。
 只一人残る事になった平田君は、誰も居なくなった伝習所に留まり頑張るとの事。嬉しい弟子の一言。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3458-ab75e877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者