刀鍛冶の日々

平田君

 鍛冶場は最高温度20度。体調も良いので折り返し鍛錬も予定以上に進み、切炭が無くなり午後3時半に手を止め、平井さんの折り返し鍛錬を見る。沸かしの温度が高いので鋼は燃えている。自分の目で見ているのに、それが判らないのだろうか?平田君が下鍛えの終わった平井さんの鋼の割れと、鍛接出来ていないのを指摘。恐らくこの短刀も傷が出ると思う。丁寧な仕事をしないと、鋼も炭も捨てる事になる。師の注意も聞かなく、何時も自分勝手な仕事をするのでなるべく見ない事にしている。
 平田君は12月始めより風邪を引き、マイコプラズマ肺炎で咳が止まず、3週間も寝込み体重が5キロも減った上に、ノロウイルスになり昨日迄下痢に悩まされ、40日程休んでいたが、今日より復帰して刀身仕立てを始める。実に上手な刃文である。独立資金が貯まれば、何時独立しても専業の刀工として生き残れる技術も出来た。
 彼のひたむきな刀にかける情熱が実を結んだものと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3444-0c75c904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者