刀鍛冶の日々

荒素延べ

 皮鉄の炭素量に対して心鉄の炭素量が少し高いので、鍛錬回数を多くし脱炭させて皮鉄、心鉄を合わせて造り込む。約二尺の荒素延べで終わり、平井さんの初めての短刀造りを手伝う。文化庁の試験合格は刀を造っても良い許可で、最低限の技術保証。
 弟子全員の仕事はアドバイスだけで手伝いはしないのだが、どうも放って置く事も出来なく例外として手伝う。若い弟子であれば失敗をして学ぶのだが、65才の年配なので手伝ってでも完成させなければ、世の中に残す刀も無いペーパー刀工で終わる。
 もう人生の最後は見えている。毎日毎日を大事にして欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3438-25daf2f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者