刀鍛冶の日々

皮鉄完了

 鋼の目減りが少なく、刀と脇差二振り分の皮鉄に心鉄を入れて造り込む。切炭が無くなったので沸かし延べで終わる。少しだけ一級雑炭が残っていたので、二キロの玉鋼を包丁用に2回折り返して終了。週末は予約等が有るので週明けに素延べをする事にして、空いた時間を見つけて注文の包丁を鍛えたい。
 平田君は刀のせんかけを終え、谷口君は私の造った包丁研ぎ、平井さんは体調慣らしで包丁を鍛えてみる。
 今回の餅鉄は日刀保玉鋼並みの歩留りの良さ。おそらく日刀保玉鋼と同等の温度で、銑に近い状態で還元されているので、強い沸かしを掛ける必要が無いので鍛錬の目減りが少なく、通常の倍程の皮鉄量になった事が原因と思われる。餅鉄も面白い材料である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3384-96aacca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者