刀鍛冶の日々

発見

 午後3時鍛錬に区切り。
 以前から餅鉄(Fe3O4)の処理を考えていた。餅鉄は硬いので火で焼きスプリングハンマーで割るが、破片を細かく割るのに手間どり、丁度肩の痛みと手の痺れが有り餅鉄の処理が遠のいていたが、面白い地鉄であり斬味も良く、真に古代製鉄の地金である。
 朝目覚め布団の中で考えていて、もしかしたら餅鉄を焼いて水冷すれば細かくなるのではないかと思い実験。水冷中に餅鉄は割れたので手鎚で叩くと簡単に細かくなる。頂いた餅鉄もこれで処理が楽になる。
 最近は異なる産地の砂鉄を頂き当分は不足しない。炭も十分に入るので時々たたら製鉄を行い地鉄を畜貯して置きたい。
 もう来年の夏は恐らく刀の鍛錬は体力的に出来ないので、来春迄異なる地金の刀の素延べも造り置きたい。
 「必要は発明の母」との言葉が身に染みる。明日の見学会にはこの餅鉄を使ってみたいと思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3378-41b02273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者