刀鍛冶の日々

鍛錬5日目

 製鉄時に還元温度をギリギリに低くすると、鋼の纏まりが少しゆるく火力のある松炭を使うと締まった鋼になる。しかし温度を高くすると鋼より銑に近く、鋼が均一になり鍛肌が出にくい。鋼の纏まりが均一でない物を梃台に積み上げて沸かすと、下鍛時はどうしても空気を噛んだ膨れが出て谷口君が削り取り、再度沸かし直すので鋼の目方も減る。
 今日で14キロの鋼を鍛えるが、後4キロ程余分を鍛えて置かなければ不足するかも知れない。今回は砂鉄の種類により目減りが大きく違うので、下鍛えの量を多く造り余れば短刀用と思っている。
 下鍛えが終わると鋼の炭素量も揃う。5回の下鍛えが終わると、グラインダーで火花試験をしてノートに状況を記入。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3357-a0e59cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者