刀鍛冶の日々

焼入れ

 昨夕の短刀を弟子の来ぬ間に焼入れ。高低のリズム感ある刃文に仕上がる。後は寝かして内面応力を抜いて仕上げる。
 1ヶ月に亘る出生記念の短刀は三振り製作。今夜は眠れそうである。
 弟子2人は刀を造っていたが、共に傷が出て短い脇差に変更となる。心の中は敗北感で一杯であるが、それを乗り越えなければ専業の刀工にはなれない。一流刀工と言えども、誰もが歩んだ道である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3351-b1948e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者