刀鍛冶の日々

地金への思い

 現代刀工の殆どが日刀保たたらによる玉鋼を購入して加工する刀造りが当り前の世の中で、私は古刀期の実践を通じ折れず、曲がらず、良く斬れる日本刀の地金を追及して小型自家製鉄を行い、その成果は鍛肌や斬味に表れている。
 日刀保玉鋼の砂鉄採集状況現場を見た事が無いので、砂鉄は手元に無いが日刀保玉鋼は有るので、時折試作しているし現代刀の日刀保玉鋼の刀は目にする。日刀保玉鋼を否定して刀造りを行っているのに、注文者は日刀保玉鋼の如き作刀を要求する不勉強。
 私は私が造った玉鋼から、自分流の考えで地金を造り焼刃を渡して、私の刀を収めるのである。注文者の思いが有るなら、日刀保玉鋼が最高と思って作刀している刀工に注文をした方が良いと思う。
 やはり全てお任せでの注文者の方には、私の長年研究した地金の刀を武士の魂として、日本刀精神の維新に立って、民族の魂を鍛えた事を理解して注文を御願いしたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3290-51895893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者