刀鍛冶の日々

梃造り

 鋼の鍛錬は火箸では出来ないので、鋼の炭素量の低くて粘りの有る部分を積み沸かして、5~6回の折り返し鍛錬をして梃棒にするのが通常であるが、自家製玉鋼は大きな鋼をそのまま沸かしながらしめて延ばして行く。
 以前谷口君に見せたので今日は本人の実習。折り返し鍛錬をしないので直に出来上がる。時間の短縮と炭の使用を減らす方法である。日刀保玉鋼では出来ない事。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3273-908ab606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者