刀鍛冶の日々

汗落ちる日

 雨は降り続くので、体験会用の鋼を下鍛えして当日の用意完了。業者用のサンプル包丁を鍛えて焼入れ。どの鋼も刀に通用する。
  いずこのメーカーにも工場生産方式に対応する準備は出来たので、又刀造りに戻る。
 包丁は美術品ではないで、切れて長持ちのする砂鉄の配合で良いが、刀は美術的美しさの地鉄が大事であり、砂鉄の配合が少し違えば鍛え肌や刃文が大きく違ってくるので、分析配合が難しい。今、個人的に業者からも問い合わせと注文が相次いでいる。
 刀の注文も有り、海外輸出の話も有って、早出しての対応準備となっている。狭い鍛冶場の熱気抜きも考えなければ、仕事を続ける事が出来ない。
 仕事を終えて明日の鍛錬用の岩手産松炭を切って帰れば、体は綿の如く疲れ果てプログを書くのが精一杯である。特に今日は蒸し暑く汗が流れ落ち、下着を4回も着替えねばならなく、汗は目に入りて痛む。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3269-6feff751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者