刀鍛冶の日々

包丁鍛錬始める

 3日続けての早出。
 包丁の鍛錬は暑く、午前10時には狭い鍛冶場は50度の室温となるが、砂鉄の種類、配合によって違った鋼になっているので、鍛錬は結果の早く出る包丁になる。午前中に2本の包丁が出来て焼入れ。谷口君が研ぐので早く進む。
 岡山県は今年最高気温を出すが、日々温度は高くなり真夏を迎える。梅雨明け迄に包丁を完成させると、毎日、朝の3時間程の鍛錬にして、体を休めて秋に備える。弟子の育成も終わったので、無理をしなくても注文刀の納期は十分。
 今泉俊光先生は90歳過ぎ迄作刀に頑張った。私もそこ迄作刀意欲も有る。先生の及ばなかった地金の研究も続けられる体制に成って来た。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3258-ca37743f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者