刀鍛冶の日々

残鉄で試作

 昨日の短刀を午後からせんかけ、明日の夕方には焼入れをしたい。
 短刀は二振りを造り、残りで小型包丁1本を造り、М君が焼入れ。今迄のどの包丁より感度は良く、明日短刀の焼入れに際して土置き、焼温度、水温の状況参考にする。
 注文短刀は三振り出来ているが、新玉鋼で今迄の作域と違う短刀を造って、次の注文刀の参考にしたい。
 帰宅時研師宅へ昨年最後の注文刀を研ぎに出す。女性の御守り短刀として造った五寸少々の短刀も、明日夕方には研ぎ上がる状態で、刃文も良く出来ている。
 私の刀は長船刀剣博物館館に出品しているので、展示場には私の刀が無くて淋しかったが、週末には見学予約者の皆さんには見て頂ける。
 刀工生活の中では一番小振りな短刀製作であるが、女性用としては可愛い嫁入り短刀として気に入っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3249-e3ad00ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者