刀鍛冶の日々

習う者の心構え

 М君の朝は何時も早く親方の早出に備えている。会津の県民性なるか。
 刀に使える自家製玉鋼の造り方は難しく、又鍛錬も日刀保玉鋼一種類しか使った事の無い刀工が、刀を造る事は非常に難しいものである。自家製鋼は使う砂鉄の種類や混合比によっても鍛錬は大きく違って来るので、その纏め方と鍛錬をМ君に説明して見学をさす。
 本来であれば東北の砂鉄を使うのが良いが、原発の問題で入手できず。全國混合の砂鉄を使った鋼なので膨れも出にくい。
 午後は再処理をした鋼で、折り返し鍛錬の練習。鍛冶場は暑いが、ベルトハンマーを使っての鍛錬なので少しは楽であるが、刀工試験は手打ちなので、もっと暑さを感じていると思う。
 文化庁も日刀保も当時の関係者はいないので、早く仲直りをすれば良いのにと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3228-1068ea35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者