刀鍛冶の日々

12キロ強

 昨夜高知県に住む姉(次女)宅に半年振りに電話すると、26日に心臓の大手術をするので入院をしている。早速兄弟達に電話。 姉は10年余り前にも目の奥に卵大の腫瘍が出来て、頭を開いての大手術。私達は四人兄弟であったが、親の離婚で別れて育つも兄弟である。長女79才、次女75才、私69才、弟67才と、何時誰が倒れても不思議の無い歳になった。人間の寿命は神様以外判らない。姉の手術成功を神様に祈っている。
 姉の事を思いながら休日出勤して、刀工試験を受ける弟子の脇差火造りに目を通しながら、たたら製鉄をする。菊池君の玉鋼歩留り10%、金沢君の歩留り15%と極めて悪く、3日目は私が製鉄。砂鉄40キロで総量15キロ、谷口君がベルトハンマーで玉鋼の廻りに付いた鉱滓と小粒の玉鋼を落としても、12キロ余りの大きく纏まった玉鋼に残る。
 砂鉄の種類によって分析内容が違うので、それを考えて作業をしなければ良い玉鋼は出来なく、良い刀も出来ない。科学的知識と経験が大切であり、それは努力と工夫に尽きる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3191-96f4409e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者