刀鍛冶の日々

刀造り始め

 前回造った刀は注文の寸法より少し短く納める事が出来ないので、再び注文主の寸法の刀を造り始める。梃棒2本の造り直しをして玉鋼を鍛え始めたので谷口君が見学。
 私が造った玉鋼は今回鉱滓が少なく、地金が非常に綺麗であるが、実はこの鉱滓が殆ど無く鍛錬しても地肌が鏡の様に無地なのが、新々刀から現代刀迄の特徴である。
 近代製鉄は高温還元であり、古刀期は低温還元なので鉱滓を多く含み、鉄に粘りが有り、折り返し鍛錬時の鍛目に鉱滓が残り板目、木目等の鍛肌が良く出る。しかし江戸期より鉄の需要が増え大型のたたら製鉄方法になり、還元温度が高くなり、製鉄時に鉱滓は十分に抜けるので、地金は鉱滓も残らず綺麗であるが、地肌は見えにくい。
 日刀保たたらは古代製鉄の低温還元と、近代製鉄の高温還元の中間にあり、非常に硬く粘りが無い。工学博士は鉄を分析出来ても刀鍛冶の経験は無く、刀鍛冶は刀を造れても金属学の知識が無く、据え物斬りを学んでいないので斬味の比較が出来なく、見るだけの美術刀剣で終わる。
 こんな刀は武士の魂ではない。こんな刀に命を懸ける事が出来るのだろうかと思う。居合道、教士、範士と言っても斬る事の出来ない方も沢山いるし、斬試道を学んでいないので刀の斬味、刀の比較が出来ない。
 時代は変わっても刀は武器である。一旦緩急有る時は腰の一刀に命を懸けなければならない。そんな刀を造るのは古刀期と同じ低温還元で鋼を造らなければならない。いくら品質の良い砂鉄でも、製鉄方法が間違えば「折れず、曲がらず、良く斬れる」刀は出来ないと思う。
 使う事の出来ない刀は登録証も不用であり、居合刀は合金製のオモチャの刀で良いだろう。武術を学ぶのは武士になる事である。武士道の精神が判らなくて刀を振るのは板の間のダンスである。武術とスポーツを同一視する事なかれ。
 右肩と右手の痺れが強く、大学病院の強い神経の痛み止めで今日を乗り切る。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3188-fb510f88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者