刀鍛冶の日々

金屋子神社春の祭典

 雨は朝より時間を追って激しく降る。被災地九州を心配しながら金屋子神社へ。
 春と秋の祭典には、御年92才の御高齢ながら御元気な安部宮司様の祝詞奏上を低頭してお聞きし、玉串(魂串)を奉りて拝礼。
 参拝の方々の参拝方法の無知が気になる。拝殿では膝を組むのではなく正座であり、玉串の受け取り方法と、玉串の捧げ方と、二礼二拍手も、正座で両手を付き低頭が神道の作法である。正式な儀式方法に感謝の誠が生まれる。
 大雨、強風の中を自宅に帰り、神棚に無事帰宅の御報告をして、今日も終りぬ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3187-712e93be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者