刀鍛冶の日々

刀焼入れ

 昨日は刀の焼入れが成功する事を、金屋子神社への月参りで御願いをして本日焼入れ。午前中焼入れ用の炭の大きさを選り分け。 午後は刀の土置きをして日暮れを待ち、7時、鍛冶場に宿泊している谷口君、平田君、菊池君が見学する中で焼入れ。温度も程良く揃い一気に湯船へ。早速土置きを落として、荒研ぎをして刃文を確認。全く申し分の無い刃文。
 刀の焼入れは鋼の炭素量、焼温度と水温の三点が揃った時に初めて立派な刀となる。
 今回は素延べをした刀の切先を最新の光化学器を使って、2千倍迄拡大撮影をした映像を友人がパソコンに送ってくれたので、工学博士が金属顕微鏡で撮影した写真と比較して見た。カラー写真なので鮮明。 谷口君が昼休みにコンビニで写真に30枚ほど落としてくれたので、鋼の組織も良く見えるので、大変参考になり焼入れを終ると直に電話を入れる。
 何よりも金屋子様に参拝している事で、精神的に落ち着いていた事が一番であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3172-b35baef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者