刀鍛冶の日々

見学体験

 日本列島は寒波一色。心配した大阪からのツアー15名来所予定は、岡山県南部に雪が降らず午後1時より見学会に。米國より家族4人も到着。外は寒いが鍛錬の火で鍛冶場は熱気に満ちる。
 飛び散る火花を見て向槌を打つ体験者は一人であったが、撮影出来るので次々と体験者は増え最後は米國人も参加。女性は日系四世、日本語を堪能に話す。主人と子供には英語で話している。顔立ちも日本人と同じなので話をしても日本人的な考えをしている。反日的な朝鮮人や支那人は見学に来ないが、それ以外の親日的な外國人は、日本の伝統文化である日本刀製作の現場を自分の目で見てみたいと思う。
 外國からでもネットで予約は直に出来る時代で便利になった。最近は向槌の打てる無料体験を予約する方が増えた。刀剣博物館でも月1回の公開鍛錬では、向槌希望が長蛇の列をつくるそうである。これ位のサービスで日本の伝統工芸の素晴らしさを、日本の誇りとして受け取って頂ければ主催者として幸いである。各週末はずっと予約が入っている。
 その分平日に刀造りを進めなければならず、今日も午前中に下鍛えを終り上鍛えに入る。春分位には2尺5寸の刀に小互の目丁子を入れたいと思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3100-c0a69904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者