刀鍛冶の日々

居合刀

 今、関東よりの武術刀を鍛えている。折れず、曲がらず、良く斬れる事を旨とする。砂鉄を配合した内容の木札を見ながら注文者の要望に応える鋼を選び、グラインダーで削り火花試験をしながら鋼の組合せをして、武術が前に、美術が後に成る事を頭の中で考えながら進めている。
 おそらく私のプログを見ていると思われる方より連日問い合わせの電話を頂くが、美術と武術を兼ねた刀が歴史を生き抜いて来たので前者、後者が入れ替わっても同じ日本刀であり私には価格の差は無い。
 日刀保玉鋼は同じ地域の砂鉄ばかりを使っているので毎年同じ鋼であり、現代刀特有の同じ地金で、國の補助も有り値段は安い。 自家製鋼は日刀保玉鋼の数倍の原価であり、技術も難しく、洋鉄が材料に使われる事の多い居合刀と同じ価格には絶対にならない。安価な刀なら新々刀に沢山有るので、その様な刀を購入された方が良いとアドバイスする。
 現代刀も日刀保玉鋼ばかりで造っている刀工も沢山居るので、注文を頂ければ助かると思う。刀の地金と斬味を言わず、演武だけならその様な刀が入手し易いと思う。
 煙突を長くしたので熱気だけ出て火の粉が出ない分、鍛冶場の中は熱く室温も35度と暑い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3097-946b34d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者