刀鍛冶の日々

荒削り

 昨日反り付をして内面応力を抜いて置いた刀は、かなり曲がっているので、手鎚で細かい曲がりのむらを生で叩いて真直ぐに直す。
 地肌を出すのに、上げ鍛えで多種類の鋼を混合して、上げ鍛えの回数を減らして有るので、異なる炭素量の部分が点在している為と思われる。
 焼入れをすると、砂鉄毎の炭素量の違いが地肌と地金の働きを助けるので面白い刀になる。そこが古刀に繋がる部分である。前回と今回の刀二振りをせんとヤスリで荒削りをして、火造りで表面の黒くなった酸化鉄を取り除く。
 明日は休日で用事も有り、その後2日間程かけて仕上げ、今週中には焼入れをしたい。注文刀の打ち合わせも有り、最近は予定通りに刀造りが進まない。
 全日本刀匠会の会員でもなく、個展を開いた事の無い私でも、これだけ多くの注文刀が殺到するので、大きな組織を持つ全日本刀匠会の刀匠も刀剣ブームで注文も増え、弟子を育成する余裕も出来ているのではないかと思う。弟子を育てなければ伝統文化の継承が無くなる。
 今日の有るは、師匠がいたからこそであり、その恩義に報いるのは弟子を残す事以外に無いと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3087-f13bd03e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者