刀鍛冶の日々

皮鉄用玉鋼

砂鉄、炭入れ、鉱滓抜きを1人で1日操業。夕方には硬く良く締まった高炭素の鋼が出来る。これで刀一振りの材料が出来た。
 明日は心鉄の玉鋼を造る予定で送られて来た砂鉄を水洗いして、火床の上に乗せて明日の朝迄乾燥さす。
 夕方には弟子二人が短刀と脇差の焼入れ。岩手県から送られた炭は、松柱を取った残りの木片が多く期待外れ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3084-6fce27dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者