刀鍛冶の日々

下研ぎ完了

 昨年造った古墳時代の鉄を真似て製作した刀の地金が面白かったので再び造り、研師さんに下研ぎをしてもらう。
 前回と同じ磁鉄鉱と砂鉄であったが、鋼の中にスラグが前回より少し多く残っていた様で、鍛肌は面白いが地金のゆるみが傷となって残らないか不安である。古代鉄はごく低温還元なので、上手くゆけば鍛肌にスラグが残り地肌が面白いが、悪くすれば傷になる。古刀は地金が柔かいので、仕上げ研ぎでゆるみが詰まり鍛肌となる。
 日刀保玉鋼は割って選り分けが出来るので、スラグを噛んでいない所を使えば傷が出ない所が長所である。小型炉の製鉄は選別出来ないので、どうしても傷が出易い欠点がある。
 時代が若くなると大型炉になり、刀に傷は出にくいが地金の良さが無くなる。どの方法を選ぶかは刀鍛冶の生き方である。
 両方共に悩みは有るが、進むしかない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3081-e17528fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者