刀鍛冶の日々

仕事始め

 午前中は研ぎをして音の出ない作業。例年の如く一人である。初詣を終えれば刀しかない。
 明日は外國人4人が「どうしても会いたい」と言うので、日本の神様に感謝する日なので音を立てる事が出来ない為、作刀工程と私の刀を見せるだけとなる。外國人なので日本語を話せない。私も外國語は話せない。日本人の精神性、死生観を突き詰めれば刀に辿り着く。
 武の心が無ければ真の日本刀は造れない。単に長い刺身包丁か、見るだけで使えない美術品で終わる。そんな刀工界に入り、独自の研究を始めて36年を迎える。1ヶ月休んだ製鉄関係の勉強も再開したが、学者と言われる方の書物にもレベルの差がある。古代製鉄の実習や地金を造った事が無く、表現方法にも問題があり、刀工を迷わせる本も有る。それを見極めて製鉄を考えなければならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3077-ac8780cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者