刀鍛冶の日々

一年を振り返りて

 今年最大の出来事は、長年の刀造りで頸椎にひび割れが出来て、激痛と痺れに悩まされた事である。
 毎朝神前に手を合わせ早期回復を願った。金屋子神社の宮司様も祈ってくれた。夜中に激痛で目覚め、焼酎で痛みを和らげた。それでも休む事無く左手で鍛錬を続けた半年は不安であった。今は痺れは有るものの痛みは無く、注文刀も何とか納期に間に合わせた。少しずつではあるが、痺れも少なく小さな手鎚位は使える迄に回復。
 弟子達も後一年もすれば、自力で刀工として独立する技術も身に付く所迄成長した。
 伝習所を設立して12年、弟子も7名が刀工試験に合格して、巣立ちも目前である。全員刀工としての最低技術もできているので、後は自らの努力と工夫で日本の伝統技術を受け継いでもらいたい。
 専業の刀工として生きる事は難しいが、若い弟子達は出来る。それが青年である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3075-729f3306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者