刀鍛冶の日々

餅鉄製鉄

 谷口君は短刀火造り、祐敬君は包丁火造り、平井さんは脇差反り付け、平田君は包丁研ぎ。私の場所が無いので今日は餅鉄で玉鋼を造る。
 古墳時代は砂鉄よりも磁鉄鉱で製鉄をした方が多い様である。磁鉄鉱である餅鉄は、大きく1度焼いて動力利用のベルトハンマーで砕き、その後手鎚で細かく割る手間が入るので、朝鮮方式の砂鉄に移行したのではないかと思われる。いくら手鎚で割っても砂鉄の様に細かな粒子にはならない。
 粒子の大きな事はそれだけ大きな火力を要する。雑炭で1時間空焚きをして炉を温め、最初は砂鉄で種鉄を造り、松炭を使って火力を上げて操業しなければ、餅鉄は吸炭して刃物鋼として利用出来る高炭素鋼にはならない。
 次に大事な事は炉の壁土である。壁土が調子よく溶けてスラグが水の様に流れ出さねば鋼は出来ない。日刀保玉鋼が硬いのは、壁土にアルミの酸化物であるアルミナが含まれているので、鍛伸性が低いと思われる。鋼に粘りが出ないと刀は折れる。 鋼は時代が下る程硬くなり、実用性から離れた刀が多くなる。
 歩留り3割強。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3051-eaa55158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者