刀鍛冶の日々

壁土の事

 朝5時30分たたら炉に着火。午後1時解体
 2年余り使っていた炉の壁土がなくなり、隣町から新しく仕入れて使用。耐火温度が少し弱い様で、壁土も溶けて鉱滓も良く出るが、玉鋼は壁土が無くなった耐火モルタルに着いて、中々取出しずらく苦労する。
 たたら炉の横では谷口君が降し金をするので鍛冶場は室温35度。祐敬君も平田君の指導で火造り。明日は3本の包丁を焼入れ予定。彼も愛郷心が強く「会津祐敬」と銘を切る様になる。
 後1ヶ月半、徹底的に包丁造りを教えて帰したいが、生活費の事もあり週3日のアルバイトが有るので、包丁造りの時間が減ったので少し気になる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bizenosahune.blog67.fc2.com/tb.php/3037-3455d398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

上田

Author:上田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者